住宅ローン審査にお困りの方の強いみかた

住宅ローン審査に落ちた時に考えられる理由

  • HOME »
  • 住宅ローン審査に落ちた時に考えられる理由

住宅ローンを考える前に

img0001

「家を買おう!」と決意したとき、不動産の支払いについてはどのように考えますか?「住宅ローンを使えば大丈夫」と思っている方も多いかもしれません。しかし、住宅ローンには審査があります。確実に審査に通り、無事に家を購入するためにも、住宅ローン審査に落ちるケースについてご紹介しておきましょう。

指定信用情報機関(CIC)にとある文字

住宅ローン審査を受ける前に、絶対に確認しておきたいのが指定信用情報機関にある情報です。ここに「異動」の文字が入っていると、どんな立場の方でも基本的に審査に通らないと考えたほうが無難でしょう。よほどカードの支払いなどを延滞していなければ起こりえないのですが、万が一のときのためにチェックしてください。

 

住宅ローン審査に落ちる理由はひとつではない

たったひとつの理由だけで住宅ローン審査に落ちるケースというのはまれです。通常は、複数の理由が合わさった結果、残念な結果が出ることが多いです。ここからは、住宅ローン審査に落ちる理由に関わる事項についてご紹介していきましょう。

 

個人信用情報が大切!消費者金融に借入れなど

過去に消費者金融などから借入れがあり、返済が遅れたことはありませんか。それも複数回遅れたことがあると、住宅ローン審査に影響する可能性があります。金融機関によっては、消費者金融に今現在借入れがあるだけで審査に影響することがあります。反対に、地方銀行など消費者金融からの借入れをとくに問題にしないところもあるので、「消費者金融を使ったことがあったら絶対に無理」ということはありません。

 

返済負担率に注意しましょう

金融機関は、住宅ローンを行う場合、申込者の年収に対してどのくらいなら貸してもいいかを決めます。年収に対し、1年間に住宅ローンにどれだけお給料をあてられるかという割合のことを返済負担率といいます。この返済負担率いっぱいの借入れをしようとすると、住宅ローン審査が厳しくなります。余裕を持って返済できるように計画しましょう。

 

すでにほかの借入れを行っている場合は注意しましょう

すでに車のローンやリボ払いを行っている場合は、住宅ローン審査に影響することがあるかもしれません。クレジットカードを使ってショッピングをし、リボ払いに変更しただけなら影響することはないかもしれませんが、返済が滞ると指定信用情報機関に情報が入ってしまうので気をつけましょう。

 

銀行の融資条件を満たしているかチェックしましょう

銀行には住宅ローンの融資条件があります。銀行の融資条件をチェックし、自分の状況をしっかりと照らし合わせることが、住宅ローン審査に通るために大切です。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 048-650-2727

PAGETOP